60までにサブスリー,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60までにサブスリー、禁酒して頑張ってるのだ!

先月、沖縄旅行から帰ってきてから禁酒を始めた。
もちろんマラソンを少しでも早く走れるためだ。
 
「 一日に一杯のお酒を、おいしくいただく 」 
という誓いがなし崩しに崩れ、
時として前夜の記憶が飛んでしまうという失態が続き、
自戒の意味を込めて禁酒を始めたのだ。
飲みすぎて、ちょっとまずいとは思っていたのと、
禁酒できないほど危ない状態になっていないか心配になったのだ。
今のところ手の震えもないし、
禁酒の誓いから一滴の酒も飲んでいない。
キッチリと禁酒している自分をほめてあげたい。
 
 
やめられないのはヤフオクでのスコッチ漁りだけ。
 
安い古酒があると我慢できずについポチっとしてしまう。
先日もついモンキーショルダーのまとめ買いをやらかしてしまった。
飲まないのにバカみたい。
棚の奥にしまい込んで時折ながめて満足している。
まあ、腐るものでもないしいざとなったら
婿さんにあげてもいいし...。
 
マラソンの練習だが、
今月に入ってからは1日おきのトレーニングに切り替えた。
先月までは、ほぼ毎日走りこんできたが、
金哲彦さんの提唱する
「 50過ぎたらトレーニングは一日おきにするべき 」
を実行する時期がきたからだ。
いまのところ体調は良好、
走り初めに、左ふとももに少々違和感があるだけ。
たぶん休憩時間にやっている筋トレの影響だろう。
でも無理は禁物。
なにしろ自分じゃ若いと思っていても、
すでに57才、孫がふたりいる名実ともにじいさんなのだから。
 
 
まずはケガをしないでレースに臨むことが第一だ。
体重も昨年のベストタイムがでた54キロ近くまで落とせた。
思い通りにいかなかったのはペース走行。
目標タイムは10キロを40分以内。
たぶんタイムだけを考えてトライすれば可能だと思うが、
目標はフルマラソンなのでそこまでのスピードは必要ないというか、
いまの状態だとまだまだ無理だ。
レースの前半を抑えていって、
できるだけ早いイーブンペースで後半まで走れるかだ。
レースまであと2週間。
寒い日が続き、台風がやってきて雨のため練習ができない。
悶々としながら筋トレしたりして気分転換する。
仕事もいそがしい。
いきなりの衆院選。
今月に入ってほとんど休んでいない。
とりあえず体調管理をしっかりしてレースを迎えよう。
 
 
無事にレースをおえたら、
お宝のスコッチで乾杯するのだ!
 
 
 
 

| | コメント (0)

ターサージールを新調したのだ

今年の冬からトレーニングではいていた、
 
ターサージール4の底が擦り切れてしまった。
 
娘にプレゼントしてもらったシューズだったので大切に使っていたが
 
2000キロくらい走ったから仕方ない。
 
ターサージール5を物色していたらなんと5割引きのセールを発見。
 
同じシューズを2足買ってしまった。
 
さっそくはいてみたところ、靴紐の調子がとてもよかった。
 
きゅっと締まり緩まないのだ。
 
アシックスさん頑張ったなと思いトレーニングに使った。
 
ところがだ...。
 
2~3回履いただけなのに、よくできたと思っていた靴ひもがほつれてきたのだ。
 
「.....................」。
 
沸々と怒りが湧いてきた。
 
今まで使っていたターサージール4の靴紐も、
 
使い始めて間もなくほつれ、切れてきたのだったのだ。
 
娘のプレゼントだったので、怒り心頭。
 
アシックスのお客様相談室へすぐにメールを入れたのだがなしのつぶてだったのだ。
 
安物の運動靴だったら諦めもつくが、
 
定価15000円ほどの高価なシューズでこんなことがあっていいのだろうか。
 
声を大にして言いたい。
 
 
「アシックスの製造責任者よ、これはどういうことだ!
こんな粗悪品を売っていいのか!
レースの最中にひもが切れたらどうしてくれるんだ!」

| | コメント (0)

60才までにサブスリー、レースまで3週間

先月は練習量を増やし、約400キロ走った。
主な練習はビルドアップとジョグだった。
だらだらしたジョグは嫌なので、
スピードはキロ5分くらいが多かった。
 
今気に入っている12キロの練習コースは、
信号がない自転車道だ。
ほぼ平坦で、最後の4キロは緩やかな上り坂。
スタートはキロ5分くらいで走り始め、
徐々にスピードを上げ、ラストはキロ4分までペースを上げる。
距離はそれほどないが走り終えた後の充実感がたまらない。
 
そのほかには週に一回、
2キロで約120メートルの急な坂を登る約10キロのコース。
何回走っても息が切れるし、足はヨレヨレ息はゼーゼー。
ただし下りの軽快な走りは爽快そのもの。
週末は15キロのコースでビルドアップ。
ほとんど直線のコースなのでペース走の練習にはなるかもしれない。
 
 
昨年、トライして足を痛めてしまったインターバルトレーニングもトライしてみた。
近くの大学のグランドで、
1キロ4分以内で走って200メートルで息を整えまた走る。
これを5セット繰り返した。
効果があるのだろうが自分には合わないと思った。
「苦しくなったところで足を止めていい」 そう思うと、
長い距離を走っていて苦しくなった時、
もうやめようという囁きがおき、モチベーションが保てないのだ。
まあこれはインターバルトレーニングが悪いのではなく、
自分の気持ちの問題だろう。
 
レースまで約3週間となったので。
昨日は30キロ走をしようと思ったが、左太ももに違和感があったため、
予定を変更して、
キロ6分くらいのゆっくりペースで25キロ走った。
暑さで多少ばてたが、まあまあの走りができた。
こんな感じでトレーニングを続けているが、
まだ昨年より早く走れない。
坐骨神経を痛めた影響だ。
簡単に治ると思っていたがなかなかしぶとい。
まだ脚の指先が軽くしびれている。
 
まずは故障しないでレースに臨むことが
最優先だろう。
 
 

| | コメント (0)

晴れて正社員に

SPIの猛勉強の成果が出て(?)、
 
どうにか正社員に採用されることになった。
 
57才にして正社員になるわけだ。
 
ちょっとほっとしている。
 
働き始めた時、派遣社員だったとは知らず、
 
後になって事実を知ったのだ。
 
当時としては給料もきっちりと出るし、
 
厚生年金になるので年金が上乗せされて、
 
老後も安心だと喜んでいた。
 
いかにも能天気で単純だったと思う。
 
とりあえず結果オーライだ。
 
 
新入社員としてはジジイすぎるが、
 
気持ちを切り替え、
 
フレッシュマンとして頑張ろう!
 
 

| | コメント (0)

今シーズン初の30km走

 SPIとか面接とかがあって、
 
なかなか本気モードで走れない日が続いていた。
 
今朝、気合を入れるつもりで、
 
いきなり30km走に予定変更して挑戦した。
 
20kmまではキロ5分くらいで淡々とラップを刻み。
 
息も切れず、いい調子だった。
 
15キロ走るつもりだったので、
 
ウエストバックにはスポーツドリンクを350cc詰めただけだった。
 
通常は中間点でひとくちか二口飲むだけなので、
 
これで十分なのだが、
 
日差しが急に強くなり、喉が渇いてきた。
 
あと6キロ地点でボトルが空に...。
 
ペースもどんどん落ち万事休す。
 
慌ててトレーニングコースから国道沿いに出て自販機に駆け込む。
 
うぐうぐと飲み込んだスポーツドリンクの美味しかったこと!
 
走りながら500ccを一気に飲み、
 
当然のことながらペースダウン。
 
結局キロ5分半までペースが落ちてしまったが、
 
どうにか30kmを走り終えたのだった。
 
次の30km走では準備をきっちりして
 
トライすることにしよう。
 
 
 

| | コメント (0)

 SPIをクリアー、いざ面接へ

 
SPIの結果が良かったせいかわからないが、
 
とりあえず面接に臨むことになった。
 
与えられた課題で作文を郵送して、いざ面接に臨んだ。
 
マラソンの練習を始めて、体重が7キロ落ちたので
 
スーツがぶかぶか。
 
さすがに半袖のシャツで面接というわけにはいかないので、
 
奮発してスーツを買った。
 
再びお江戸に向かった。
 
今度は旅費が出るので、新幹線で往復だ。
 
豪遊だ。
 
 
面接が終わったら憧れの皇居ランニングをしようと思っていたが、
 
荷物が増えるし、なにしろ暑かったので今回はパス。
 
 
緊張して臨んだ面接だったが、
 
世間話みたいでちょっと拍子抜けだった。
 
時折、笑顔で返答し、
 
ボロが出ないよう慎重に言葉を選んで面接を終えた。
 
眠くならないようにと、お昼を食べなかったので
 
ガード下の中華料理屋さんで
 
アツアツのマーボラーメンを食べ、
 
新幹線で帰宅したのだった。
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

 SPI 試験が終わった

 
 57才にしてSPI を受験してきた。
 
「移動で疲れないように」 と奮発して新幹線でお江戸に行った。
 
久々に訪れた東京は実に立派で美しく驚きと感動に満ちていた。
 
我が県の県庁より高いビルが乱立し、
 
高そうなスーツを着たサラリーマンと美女が街を闊歩する。
 
まさに浦島太郎というか、
 
浦島じじいの心境だった。
 
 
時間があったので皇居に出てみた。
 
平日の昼にもかかわらず、皇居の周りをカラフルなジョギングウエアーを着た
 
ランナーたちが走っていた。
 
さすがに試験前にジョギングするわけにもいかないので、
 
生まれて初めて皇居に入ってみた。
 
若い警察官に持ち物検査を受けたが、
 
対応が丁寧だったのに思わず感心してしまった。
 
きれいに整備された皇居内をしばし散策。
 
外国人の多さに驚く。
 
言葉はわからないが、
 
韓国と中国人らしき外国人が多かった。
 
 
皇居参りの効果があったのかSPIは落ち着いて受験できた。
 
「最初の言語系問題は前半を確実にやり、
 
長文はとりあえず時間があればやればいい」
 
と考えていたので、じっくり前半の問題を解いて、
 
長文を最後の数分で終えた。
 
 
「非言語系(算数)は半分解ければいい」と思っていたが、
 
どういうわけかすらすらと解け、
 
見直しするくらいの余裕で終えてしまった。
 
満点かなと思える出来だった。
 
たぶん問題がやさしかったので平均点も高いだろう。
 
 
適性試験はまるでゴールの見えないマラソンみたいだった。
 
とにかく 忍耐、忍耐、忍耐。
 
ペース走のような気持ちでがんばった。
 
無事に受験を終え、帰りはもちろん各駅停車で帰宅した。
 
家につきシャワーを浴びて、
 
自分への御褒美として
 
サントリー響17年の封を開けた。
ミニチュアの瓶ではあったがしみじみと、
 
実に豊潤で美味しかったのは言うまでもなかった。
 
 
 

| | コメント (0)

SPIに挑戦!

 
派遣法の改正のあおりを受け、SPIの試験を受けることになった。
試験は新卒の大学生と一緒だ。
まあ何とかなるだろう。
たかをくくってエントリーシートを提出した。
 
参考書を2冊買いこみ、非言語系を中心に問題を解きまくっているうちに
試験まで2週間となってしまった。
 
問題は中学生の算数のレベルだが、
時間が短いので、計算につまずくとたちまち時間不足で焦ってしまう。
ともかく落ち着いてきっちりと解いていくしかない。
言語系は全く対策がないので、漢字をやり直すつもりで
漢字検定の3級と準2級をひたすらやってみて、
間違えた漢字は覚えるまで書いてみた。
今は2級の問題集に取りくんでいる。
40年ぶりに解く確率や組み合わせなど、
まったく忘れていて難儀するが受験生になったみたいでたのしい。
目標は言語系で8割、非言語系で6割。
さあどうなる、これから追い込みだ。
 
 
 
 

| | コメント (0)

ブラックニッカ クロスオーバーを飲んでみた

 5月23日、ニッカが「ブラックニッカ クロスオーバー」を発売した。
お酒の安売り店の棚に並べられたばかりのウイスキーを見つけたら、
ワクワク、ドキドキしてしまい、
数量限定という言葉に、思わず大人買いしてしまった。
艶消しのブラックボトルに炎のデザインがなかなかカッコいい。
いそいそと自宅に帰って試飲した。
グラスに注ぐとトクトクといい音が響く。
まずはいつもの儀式。
ゆびさきをウイスキーにちょっと浸けて、
その数滴を東西南北にむけてまく。
昔、開口健がモンゴルでやっていた儀式だ。
お酒を飲む前に神に感謝の意味をこめるのだ。
私の場合は、神さまというより奥様に感謝してだ。
 
ふわっと甘い香りがあたりに漂う。
さっそく、ちびりと口に含む。
ちょっと刺激のあるアルコールの香り。
ふっと思い出したのは、
その昔に飲んだサントリーオールドのなつかしい味わいだった。
 
飲んだのは高校生の時。
下宿でこっそり飲んだ40年前の記憶がよみがえった。
美味しいというよりなんだか複雑な思いだった。
もっと勉強すればよかったのに。
後悔の思いがわいてきた。
 
ウイスキー歴1年あまりの私にとって、
「ブラックニッカ クロスオーバー」は
素晴らしく美味しいお酒ではなかった。
あえて言うと、こんなものかなくらいだった。
「ニッカさん、限定発売と称して儲けようとしているのかな」
もしかしたら宣伝にうまいこと乗せられてしまったか。
不安な気持ちが脳裏をよこぎる。
 
いやいやそれは思い違いだろう。
ニッカさんは、きっちりとやってくれたはず。
今日は疲れているからに違いない。
なにしろ今朝3時に起きて
「最新最強のSP I クリア問題集」に取り組んでいたのだから。
お脳が疲弊しまくっていて、
高校生のころのことなぞ思いだしたに違いない。
とりあえず日をあらため、
髭のおじさんの新顔をじっくりと味わってみよう。
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

«介護問題勃発!